中古車を購入する際は実車確認が必須

subpage1

中古車を購入する際、実車確認をしないで購入すると、失敗する可能性があるので、遠方に販売店がある場合も含めて実車確認を行うようにします。
中古車の実車確認は、幾つかのポイントがあり、外装、内装、エンジンルームの3ヶ所を重視し、外装は、ボディ全体の傷や水垢などの有無を確認するのですが、洗車傷など細かな傷も含めてチェックし、許容できる範囲の傷のみ購入検討するようにします。



また、ドアやトランク、エンジンフードなど開けられる部位は全て開け、取り付けボルトが新品になっているようであれば交換した証拠となり、事故車の可能性が高いので避けるようにし、ドアは数回開閉してスムーズに開閉できるかの確認と、異音が無いかの確認を行います。

ビジネスジャーナルに対して関心度が高まっています。

内装は、シートやダッシュボードなどに付着した汚れやシミなどが無いかの確認を行った後、全席に座ってみて座り心地の確認をした後、ステアリングやペダル類の違和感の有無、パワーウインドウの開閉、エアコンの効き具合などチェックします。エンジンルームは、オイルやクーラントなどの漏れの確認を行った後、ハーネス類の傷の有無を行い、全て問題ないのを確認してから契約するようにします。また、中古車購入の契約する際、メーカー保証は付帯されないので、販売店独自の保証となり、オプションで付帯できたりするので契約内容によって金額が異なりますが、これらの保証の確認も行うようにし、口頭のみで伝える場合は後にトラブルの原因となるので、書面で提示してもらうようにします。